読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトノハナ

一つとして同じ意味の言葉はない

憲(のり)

のり。人間の言動を取り締まるわく。おきて。国の組織や政治のしくみの根本の原則を定めたおきて 憲法が法のなかで特権的な地位を占めていることに疑いの余地はない。しかし「憲」と「法」でどうして国を統一するだけの法律を意味することに成るのだろう。

未曾有

みぞう。未だかつてあらず、の意味。

読み方はかんぬき。 扉をつっかえさせる横木のこと。 なるほど、いわれてみれば確かにみた目通りといった漢字である。